A君がすぐ近くだった

中学1年生の時におんなじプランだったお嬢さんが可愛行くて好きになたんですが、当時は依然誰ともお付き合いをした事がありませんでした。

入学あと、何ヶ月かしてから林間学校で何日か泊まりで自炊したり、試合をしたりというイベントがありました。

そこでおんなじ群れとして機動をしてるって、その乳幼児の、はしゃぐ持ち味や、転んで泣いたり、笑ったりやる持ち味を見ていて、ずっと愛くるしいなと思った事を覚えています。

自分がいくらその乳幼児を好きになっても、経験のない自分にはどうすればお付き合い出来るのかはわかってはいても機動に移せなかったんです。

2太陽瞳の夜にパパ周辺から、A君が呼んでるからどちらどこに来てほしいという通報があり、自分はドキドキしながら場所へ向かい、何食わぬ顔付きでどうしたん?なんて言ってました。

若々しいというそんなふうになるんですね。

もちろん、カミングアウト時間でした。

正味はいたってシンプルで「好きです。お付き合いしてください。レスポンスは林間学校が終わってからでいいよ。」で、自分は「有難う。わかった。おやすみ。」

わかってはいたものの、心臓が飛び出るんじゃないかはこの時のためにあったのかというほどにドキドキという鳴り響いて周りにやつが居ないか考えにしながら部屋に帰りました。

部屋に帰るとパパ周辺が待っていて、素早くお喋りを聞きたいといったフィーリング。

一切を話したら、どうするん?ばかり。

まぁ策するよと言って濁して寝ました。

何事もなかったかのように残りの林間学校を越し、学校に帰って来まして、グラウンドに1年生がプラン毎に整列して体育座りをしている時に、A君がすぐ近くだったので、根性を出して声を掛けました。

「ええよ」

「なにが?」

「付き合うの」

「有難う」

重圧し過ぎて、コミュニケーションがおかしかったんですが、やっと成立してお付き合いする事になりました。

半年くらいでお別れしたんですが、2年生の時もお付き合いして、3層の時もお付き合いして、高校生2年生の時もお付き合いして何度も復縁したんですが今では友達別の通路を歩んでいます。

でも、一番仲のいいお嬢さんとして巡り合う都度お喋りが弾む関係になっています。

リビドーロゼがおすすめ!

 

投稿者: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です